読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春嵐立つ-返り忠兵衛江戸見聞

春嵐立つ-返り忠兵衛江戸見聞 (双葉文庫)

春嵐立つ-返り忠兵衛江戸見聞 (双葉文庫)

遠州の小藩・定海藩の御蔵奉行を兄に持つ筧忠兵衛だったが、その兄が改革の首謀者とみなされ自らも藩から追われる身に。「御前」と呼ばれる謎の人物の助けで密かに江戸に脱出した忠兵衛を待っていたのは、曰くありげな御家人と気のいい町人たち、そして、江戸を二分する町火消しと魚河岸衆の大喧嘩だった。期待の新人デビュー作。

まあこれも定番の話と言ってしまえばそうなんですけどね。主人公は腕は立っても人間的に未熟で世間知らず、おまけに頑固ときたもんでなんとも危なっかしくこうもヒヤヒヤする時代小説というのも最近なかなか無いですな。それでも筧忠兵衛が一本気に頑張るのでなんだか応援したくなるのですよ。頼りなさと懸命さが魅力のヒーローというか。あとまったく媚びるような態度をとらず長屋の住人にいつの間にか受け入れられていく過程がちょっとユーモラス。山場を剣戟なしで盛り上げるのも面白い。オフビートな味わいがあります。この巻は人情ものの要素が濃かったですが今後剣豪小説的にも持っていけそうではありますね。作品として多少のぎごちなさはあるんですけどこれがデビュー作なら上出来ではないでしょうか。主人公が未熟なだけに成長ドラマに期待できそうだしシリーズとしても伸びしろがある内容だと思います。