読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月の観たDVD まとめ

10月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:555分

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語
前編ほど展開の性質上直線的迫力が出ていないが後編も作画動画演出のパワーアップがあり単なる総集編にとどまらない堂々たる劇場映画と言えよう。もともと素晴らしいTVアニメではあったが劇場化を機会にさらに上のグレードを目指した作り手の気概は伝わってくるし実に真摯な姿勢が充実した作品に結実した。
鑑賞日:10月15日 監督:新房昭之 、 宮本幸裕
マルドゥック・スクランブル 排気マルドゥック・スクランブル 排気
三部作完結編にして三作中ベストの仕上がり。前半のカジノシーンはもう少し間合いというものがあればよかったが音楽の使い方で上手く盛り上げた。お話の畳み掛けなど短時間でまとめたと思うし終盤の銃撃戦など静から動への移行が素晴らしく音楽の効果もありなかなかの迫力。三部作通して尺の短さが窮屈な印象があり特に余韻に欠けるのは残念な部分ではあるがここまで原作を再現したことに敬意を表したい。
鑑賞日:10月09日 監督:工藤進
魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語
もともとストーリーが抜群によく出来ていたTVアニメで的確な編集でテンポ良く見せる。また人物の心理や台詞など実によく練られていると改めて思った。スクリーンで見るとアップが多すぎなのは気になった。新たな背景の挿入で中和はしてあるのだが。動画、音楽、演出、など部分的パワーアップがあるが今のところ総集編の域にとどまっており後編次第で評価も変わるように思う。
鑑賞日:10月09日 監督:新房昭之
ドライヴ [DVD]ドライヴ [DVD]
クライムものであり仁侠映画的でありもっと言えば近年稀に見るハードボイルド映画。寡黙でクール、無駄を削ぎ落とそした語り。しかしそこよりもこの作品を屹立させているのは女性的なエレガントな表現で時にはミスマッチとすら思えるほどの音楽センスなど、よくある話を異様なほど心に焼きつくものに見せる。物静かなロマンチシズム、激しいバイオレンス、そしてナルシズム。それらが融合している様は宗教画のように荘厳かつポップアートのようにキュート。
鑑賞日:10月01日 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
ボーン・アルティメイタム [DVD]ボーン・アルティメイタム [DVD]
アクションを派手にするよりシチュエーション作りや緊張感の盛り上げで作品を見せようという姿勢が抜群。謀略活劇ではあるがメインは逃亡と追跡のデッドヒートであり山場のカーチェイスは白熱ものでテンションが一気に駆け登る。爆発や銃撃がアクションではなくきっちり行動を描くことに本領があることをあらためて思い知る。
鑑賞日:10月01日 監督:ポール・グリーングラス

鑑賞メーター

劇場で3本見れたのは自分的に良かったかな?と。劇場版魔法少女まどか☆マギカ前後編は読書の方に影響が出て読む本魔法少女ものだらけになりました。