読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大帝の剣4 <幻魔落涙編>

大帝の剣4 <幻魔落涙編>

大帝の剣4 <幻魔落涙編>


いよいよストーリーを畳みに入ってきたのがはっきりわかる巻。物語に仕込まれていた壮大な設定が明らかに、といった内容でここにいたって完全にSF小説の様相を呈してきてそれはそれで私もワクワクはするんですが一方で伝奇小説としては停滞し萎縮してしまった感じもいたします。あと一冊で終わり、ということを知っているからなおさら展開にヤキモキするんでしょうね。壮大な構想が壮大な物語として結実するかいかに?そのへんは次の最終巻を読んで見とどけるといたしましょう。