読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八朔の雪―みをつくし料理帖

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!

評判がいいので読もう読もうとは思ってたんですがずるずる先延ばしにしてて先のTVドラマ放映を機会にあわてて読みました。話は定番をきっちり押さえていてそこに料理のウンチク的ディテールがどっしり乗っかっている感じでよく出来ていますね。前半は文章が少し固く、ぎごちなさもありましたが後半になるにつれ解消されていきましたし巻数を重ねるごとに良くなってるんではないかと思います。とりあえずはシリーズ開幕編としてはまずは良作ですので今から続刊を追っていくのが楽しみであります。この本は読み切る前にドラマの放映時間が来て見てしまいましたがドラマが良い出来であったし作る料理のビジュアルがわかったのは読む上でも参考になりましたから結果オーライですな。