読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜プレステージ 剣客商売~御老中暗殺~

4度目のドラマ化になる今回の『剣客商売』に関して企画担当のフジテレビ編成部の成河広明は「数多くの原作ファン、ドラマファンを魅了してきた『剣客商売』を四たびドラマ化をするにあたり、原作の持つ奥深さや斬新さ、清廉さ、そして何より軽妙洒脱さをテーマにした物語にしたいと思いました。そして、その世界を実現できる俳優として、思い浮かんだのが北大路欣也さんでした。日本を代表する俳優であり、時代劇の大スターの北大路さんだからこそ、まったく新しい秋山小兵衛を創り出していただける思い、オファーさせていただきました。熟慮の末、北大路さんから了解のお返事いただけた時、新しい『剣客商売』の成功を確信しました。そして、北大路・小兵衛のもと、素晴らしい俳優陣に集合していただきました。時代劇というジャンルを超え、とても見ごたえのある人間ドラマが誕生したと思いますので、ぜひ多くの皆さまに見ていただきたいです」と語っている。

キャスト一新で復活ということですが剣客商売の映像化を見るのは初めてなので以前とどう変わったのかはわからない。それでも原作は読んでいるからある程度のことはわかるんですがなんかモタモタしてしゃきっとしないドラマでした。北大路欣也の秋山小兵衛はまあいいとして若手2人の芝居が現代劇的でまったく気分が出ないです。特に佐々木三冬役の杏はお話の中心人物なのに芝居も殺陣も下手すぎるのには困りました。とても女武芸者には見えない。同じ池波正太郎原作でも鬼平犯科帳はスペシャルがあっても溜飲が下がる出来なのにな。せっかくテレビ時代劇が見れると楽しみにしてたんですけどねー。時代劇が作りにくい状況をかえって実感してしまった。裏番組で崖の上のポニョやってましたが津波や洪水の描写が多いので放送前に断り書きかなんか出たんでしょうか?

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)