読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)

バナナは下ネタに入りますか?「お●んぽおおおおおおおおおぉ!!」少女は叫びながら、駅の構内を走り出した。その瞬間、僕はすっころんだ。16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉が喪われた時代。憧れの先輩・アンナが生徒会長を務める国内有数の風紀優良校に入学した奥間狸吉は、《雪原の青》と名乗るペロリストに弱みを握られ、下ネタテロ組織「SOX」のメンバーとなってしまった……! そこはプリズン? それとも、ハーレム? 第6回小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞したノンストップハイテンションYトークコメディ! よろしこしこ!

出オチ的な設定ですけどわりと小説としてしっかりしているのもあってちゃんと読める内容でした。特に前半の勢いが素晴らしい。ハエの交尾イラストが挿入されるライトノベルもそうそう無かろう。でも下ネタ連呼というのも面白いことは面白いんですが慣れてきてしまうのであとになるにつれインパクトが落ちてくるなあ。後半シリアスな体制批判めいたテーマが出てくるんですけどこれの扱いもちと浅い。という感じでもともと突き抜けてる作品ではあるんですがもっともとっと振り切れてほしかったとは思います。なんというか無茶やってても作者の常識や自重がかいま見える気がしちゃうんですよ。もっともある程度の自重ないと出版できんだろうけど。これをシリーズ化するという無謀な試みがあるならば次巻は行くとこまで行ってほしいですねー。多少ぼやきましたが新人賞作品らしい勢いは良かったし、なんといってもイラストとの相乗効果が見事に出ていてこのへんはライトノベルを読む醍醐味がありました。この表紙で本を買ってしまった時点で負けた気がします。