読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月の読んだ本 まとめ

7月の読書メーター
読んだ本の数:25冊
読んだページ数:6070ページ
ナイス数:633ナイス

HUNTER×HUNTER 8 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 8 (ジャンプ・コミックス)
ぐぐっと話が広かってキャラも増えてきた。
読了日:07月31日 著者:冨樫 義博
HUNTER×HUNTER 7 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 7 (ジャンプ・コミックス)
トーナメントあり主人公の成長ありで飽きない。
読了日:07月31日 著者:冨樫 義博
HUNTER×HUNTER 6 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 6 (ジャンプ・コミックス)
いわば修業パートと言うべきか。
読了日:07月31日 著者:冨樫 義博
×××HOLiC(1) (KCDX)×××HOLiC(1) (KCDX)
再読ではあるが内容を忘れているのでほぼ初読状態。ダークさとコミカルさのブレンドが良い具合。この巻はまだプロローグといった感じ。
読了日:07月31日 著者:CLAMP
心のナイフ 下 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1)心のナイフ 下 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1)
ヤングアダルト小説ということを抜きにしても娯楽的な要素はかなり薄い。にしても読ませるのは語りの巧みさと書き手の過酷で容赦ない姿勢が作品に強烈な緊迫感をもたらしているからであろう。次にどんなつらい展開が起こるかわからない。どえらいところで第一部は終わってしまったがやはり続きがどうしても気になる。またこの物語がどこに向かっているのか?何を訴えたいのか?全貌はまだ見えず、続編の刊行を待たざるをえない。
読了日:07月31日 著者:パトリック・ネス
機械仕掛けの愛 1 (ビッグ コミックス)機械仕掛けの愛 1 (ビッグ コミックス)
9編すべてロボットのお話ではあるが描かれているのはどのエピソードも心についての話。自らの在り方に疑問を持ち、考えはじめるロボット達は人間以上に人間らしい。業田氏の漫画は後半になるにつれテーマや物語性が高みに登るので続巻ではより素晴らしい作品が読めると楽しみにしている。
読了日:07月31日 著者:業田 良家
HUNTER×HUNTER 5 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 5 (ジャンプ・コミックス)
とにかく面白いので次の巻にいきたいが読みかけの本もあるので一旦休憩。やばい中毒になりそう。
読了日:07月28日 著者:冨樫 義博
HUNTER×HUNTER 4 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 4 (ジャンプ・コミックス)
面白い。考えてる余裕なくストーリーが頭に流れこむ。
読了日:07月28日 著者:冨樫 義博
HUNTER×HUNTER 3 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 3 (ジャンプ・コミックス)
とにもかくにも面白いが一度読んでいてまるっきり忘れているのが自分で不思議だ。もっともその方が楽しめるんだけど。
読了日:07月27日 著者:冨樫 義博
HUNTER×HUNTER 2 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 2 (ジャンプ・コミックス)
気持ち悪いぐらいストレスなく無心に読めて気持ち良すぎ。
読了日:07月27日 著者:冨樫 義博
HUNTER×HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)
10何年近くぶりに再読。この機会に一巻から最新巻まで読んでいきたいと思っている。記憶力が落ちたのはむしろ幸いで初めて読む漫画のように面白く抜群のスピードで読める。
読了日:07月27日 著者:冨樫 義博
おにのめん (落語絵本)おにのめん (落語絵本)
機会あって朗読をした。なかなか捻りのある話で朗読しながらも感心。ぶっつけなので一度読んで伏線を理解した上で朗読すればもっと楽しんでもらえただろうなあ。
読了日:07月26日 著者:川端 誠
心のナイフ 上 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1)心のナイフ 上 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1)
上巻なので世界観の異様さしかまだわからないがそれだけでも引き込まれるものがありぐいぐい読ませる。少年の視線だけという語り口も実に巧みに使ってるいるし、ときどき挿入される不気味なフォントといい不安感の煽り方、興味の引き方が素晴らしい。下巻へ。
読了日:07月25日 著者:パトリック・ネス
進撃の巨人(7) (講談社コミックス)進撃の巨人(7) (講談社コミックス)
面白いことは面白いがここにきて人物の描き分けの弱さがはっきり裏目に出てきちゃったなあ。呆気なく人が死んでも誰が誰やらなのでただ呆気ないだけでショックが小さい。巨人対巨人のガチバトルは本当に呆気にとられる迫力。
読了日:07月23日 著者:諫山 創
読むのが怖い!Z―日本一わがままなブックガイド読むのが怖い!Z―日本一わがままなブックガイド
評価軸がしっかりしていてなおかつはっきり価値観が違う二人が対談してこそ出る可笑しみ。意見がぶつかることによって書評として深みも増すし、なかなか良い本です。それに基本の書評の部分がしっかりしているので読みたい本も増えて嬉しい悲鳴をあげてしまう。
読了日:07月23日 著者:北上 次郎,大森 望
PEACE MAKER 9 (ヤングジャンプコミックス)PEACE MAKER 9 (ヤングジャンプコミックス)
前巻の展開半分ぐらい忘れていたがそういうことお構いないし一気読み。後半のコニーと帰ってきた某人物との対決は息をするのを忘れる。それでもこの物語はまだ仕込みと思うので今後くるであろう見せ場を思うと胸が高まる。
読了日:07月21日 著者:皆川 亮二
この時代小説がすごい! 文庫書き下ろし版この時代小説がすごい! 文庫書き下ろし版
すでにいろんな文庫書き下ろし時代小説に手を出しているのでこれを参考になにかシリーズを読む、ということはしにくい状況ではあるがアンケートによるランキングなどがあり、お祭り感は楽しめた。一位になったみをつくし料理帖は以前から気になってたので近いうちに読む予定。
読了日:07月21日 著者:森 哲志
枕橋の御前 女剣士 美涼1 (二見時代小説文庫)枕橋の御前 女剣士 美涼1 (二見時代小説文庫)
単体の小説としてなら見せ場が少なくて物足りないがシリーズ開幕編としてはまずは期待できるスタート。男装の美剣士が誕生するまでが丁寧に書き込んではあるし美涼の人間的な未熟さ、揺れ動く乙女心など主役キャラに魅力を感じる。またドラマ的にもなかなか面白くなりそうな人物配置をしていて、いかに膨らまし趣向や見せ場を盛り込んでいくか続巻以降が勝負といったところか。
読了日:07月21日 著者:藤 水名子
人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)
本が薄めでイラストも少ないのは不満だが収録の2編がちゃんと面白い。それぞれドタバタコメディとブラックユーモアと味わいが違う作品が並んでいるのも良いバランス。話の良さもあるが田中ロミオの文章はセンスがあって読ませる。
読了日:07月18日 著者:田中 ロミオ
シークレット・ハニー  1.船橋から愛をこめて (富士見ファンタジア文庫)シークレット・ハニー 1.船橋から愛をこめて (富士見ファンタジア文庫)
深見真作品にしてはアクの強い部分が少なくその意味では物足りなさもあるがこの作品はまた違った意図で書かれているのだと思う。アクション描写はあっても基本はラブコメでそこを楽しむべきかと。むしろこういう作品も書けるんだな、と驚いてみたり。またラブコメとしても定番をちゃんと捻った展開にするところにも著者独自の工夫を感じる。
読了日:07月16日 著者:深見 真
大帝の剣5 <聖魔地獄編>大帝の剣5 <聖魔地獄編>
作品が書かれた歳月や本来の構想などを考えるとどうしてもコンパクトにまとまってしまった印象が否めなく物足りなさがある。にしてもやはり全五冊通して読むと面白い物語であり著者が作品に今できる全精力を注いだ上での完結であろう。特に最終巻はかなりの見せ場もありそれなりの終着点も迎えた。これで読者としても一つの荷を下ろした気持ちだ。
読了日:07月14日 著者:夢枕獏
大帝の剣4 <幻魔落涙編>大帝の剣4 <幻魔落涙編>
この巻からいよいよ本格的にSF的ティストに突入。壮大な構想は語られるがそれが壮大な物語として結実するかという問題が。そこらあたりは次の最終巻で判断したい。
読了日:07月11日 著者:夢枕獏
大帝の剣3 <飛騨大乱編> <天魔望郷編>大帝の剣3 <飛騨大乱編> <天魔望郷編>
この巻後半からいよいよ未読のエピソード。15年のブランクはあるものの続けて読んでいるぶんにはあまり差は感じない。話の核心に入るのが早まってる気はちょっとしたが。
読了日:07月06日 著者:夢枕 獏
「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)
掘り下げが浅いしレビューが大げさだなとは思うがTV番組のコーナーの総括的な本であるのでこのくらいでいいのかも。ただ私的にはそれほど有用性のあるブックガイドではなかった。これから読書をしてみよう、という人にはちょうどよい内容ではあると思う。
読了日:07月03日 著者:松田 哲夫
大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>
ぐいぐい話がふくらんでいく面白さ。なにげに人物造形などが上手く、キャラクターやストーリーが弾んでいるのが肌でわかる。続けて3巻へ。
読了日:07月03日 著者:夢枕 獏

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

読みたくても読み進まない、とか思ってたら意外に読めてた。出来ればこの倍ぐらいのペースを常時維持したいが欲張りすぎか?