読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クビツリハイスクール

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」「救い出すって…まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」人類最強の請負人哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの名を“首吊高校”に潜入した「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれる―。新青春エンタの真打ち、「戯言シリーズ」。

一応密室殺人があって推理小説的趣向もあるけどアクション小説としての要素が濃くてそっちの方面で楽しんだ。萌えキャラが続々登場してあっという間にあっけなく死んでしまうのが凄い。作品が短めだからよけいインパクトが強い。